低金利キャッシングのデメリットは審査に通りにくいこと

低金利キャッシングとは、そのまま低い金利のキャッシングの事です。
金利が低いと(融資額にもよりますが)利息も小さくなり、返済がラクになります。

しかし、金融機関側にとっての低金利とは、利息による収益が小さくなる事と同義です。
よって低金利キャッシングの審査は、厳しい傾向にあります。
簡単には融資を受けられません。

これは低金利では短期の収益率が低い為です。
高利貸しの審査が甘い理由と逆の意味です。
低い金利では貸し倒れが起こると、更に収益が減るとイメージするとわかりやすいです。

ですからキャッシングを利用する際には、金利にも目を向けましょう。
金利が低く良い条件で融資を受けられる場合、ほとんどのケースで審査は厳しいです。
勤め先や勤続年数、収入の額と安定度、持ち家の有無などが厳しくチェックされます。
低金利キャッシングのデメリットです。

デメリットをよく理解した上で申し込みしましょう。
キャッシングの申し込みは、連続で行うと不利になります。
これは個人信用情報機関にデータが掲載されるためで、連続するとそれだけ審査に通りづらくなります。

ですから自分の身の丈にあった利用先を見つけて申し込む方法も選択肢に入れておくべきです。
金利も大切ですが、本来の目的は、審査にちゃんと通り結果的に融資を受ける事です。
何度も審査に落ちていては意味がありません。

ですから銀行、大手消費者金融、中小消費者金融などの中から自分にとってベストな申し込み先を予め選定してから、申し込むよう心がけましょう。