銀行系キャッシングの特徴

キャッシングのサービスは、提供元の企業によって消費者金融系・信販系・銀行系と分類することができます。特に紛らわしいのが銀行系で、このキャッシングは銀行系という名称がついてはいますが、利用者に対して融資を行っているのは銀行ではありません。銀行が経営母体となって出資をしている消費者金融の業者が融資を行っているのです。そのため、銀行が自ら提供している銀行キャッシングとは似て非なるものです。
銀行キャッシングでは、その業務を規制している法律が銀行法であるため、利用者の年収に応じた貸付額の制限である総量規制の対象外となっています。そのため、銀行キャッシングの利用者は現時点での借入額を気にすることなく、必要なときに必要な分の金を借入れることができるといった特徴があります。
それに対して銀行系キャッシングでは、銀行系という名称はついていますが、実際に利用者に対して融資を行っているのは消費者金融であるため、業務を規制する法律は貸金業法になり、総量規制の対象となっているのです。そのため、銀行系キャッシングの利用者は借入額の合計が年収の3分の1を超えないように気を配っておかなければならず、万が一、借入額が年収の3分の1に達してしまった場合には、それ以上の借り入れができなくなってしまいます。
頭に同じように銀行という名称がついていることから非常に紛らわしいですが、総量規制の有無という特徴があるので、これを覚えておけばもしもの時に迷わずに済むようになります。